寄合所と評定

「寄合所」と「評定」は、共にPCが勢力に貢献する上で重要なシステムです。

寄合所

寄合所では、目録を入手したり、身分を上げたりできます。勢力に所属するPCにとっては、プレイする上で重要な拠点となります。
寄合所の名称と場所は職業によって異なります。地図を見て、自分が所属する寄合所を探しましょう。

職業 寄合所
侍所アイコン侍所
本堂アイコン本堂
神主/巫女 本殿アイコン本殿
陰陽師 陰陽寮アイコン陰陽寮
忍者 忍者屋敷アイコン忍者屋敷
鍛冶屋 鍛冶屋アイコン鍛冶屋
薬師 薬座アイコン薬座
傾奇者 傾奇座アイコン傾奇座

寄合所の機能

・目録を入手する

寄合所にいるNPCに話しかけると、技能目録を入手できます。

・身分を上げる

勲功が上がると身分が上がります。

※与力以上に昇進するには、昇進試験をクリアする必要があります。

ページの先頭へ戻る

評定

勢力の大名・軍師・四天王が、プレイヤーの献策を元に「評定」を行います。
そして評定によって提案された戦略目標に従って、様々な依頼が発行されます。これを「評定依頼」と呼びます。
この評定依頼に取り組み、同勢力のPCと一致団結して勢力を盛り立てていくのが「評定システム」です。
評定依頼を達成すると、勢力の城蔵に軍事物資が貯められるほか、経験値・熟練度・名声・勲功・領国銀など、様々な報酬が得られます。
さらに一門に所属していると、武将から一門への信頼度が上がり、様々な恩恵を受けられます。

※一門に所属していないPCも評定依頼は受けられます。

評定依頼は、城下町にいるNPC「評定衆補佐」から受けます。
合戦への参加も評定依頼の一種になります。

天下統一へ向けて

評定システムは天下人システムと密接に結びついています。
合戦で領土を獲得すると、天下人得点を獲得できます。
外交や進軍目標の決定も、NPC「評定衆補佐」に[献策進言][献策決議]することで決まります。

評定衆補佐の機能

・評定

評定の結果の閲覧や、評定依頼の受諾ができます。

・合戦

合戦への参陣や報奨の受け取りを行います。

・献策

同盟外交や進軍目標を決めるための進言、決議を行います。
大名物を利用した外交や、策謀を使用するための進言、決議も行います。

・俸禄

身分に応じて、俸禄(給料)として「領国銀」がもらえます。

※実時間で7日ごとに給付されます。
※最大2回分までまとめて受け取れます。

・城蔵

現在の軍資金や軍事物資が確認できます。

・領国市

領国銀とアイテムを交換できます。

ページの先頭へ戻る

策謀

評定衆補佐から「策謀」を献策できます。
策謀は、毎週貯まっていく策謀値を消費して実行でき、外交や合戦において様々な効果を発揮します。
各種策謀に必要な策謀値は、天下人順位が低い勢力ほど少なくなります。

※敵対国に対しては、半分の策謀値で策謀を使用できます。

策謀一覧

  • 全策謀無効化
    自国を対象とするすべての策謀を無効化する。
  • 指定策謀阻止
    全策謀無効化を除き、指定した国の策謀の実行を阻止する。
  • 大名物強奪
    対象国の大名物を1つ指定して奪う。
  • 蔵襲撃
    対象国の軍事物資を半分にする。
  • 離間の策
    自国よりも上位の国を選択し、対象とした国の同盟をすべて解除する。
  • 従属国勧誘
    敵対国が従属させている国を勧誘し、自国の従属国とする。
    成否は対象国での決議によって決定される。
  • 奇襲
    対象国の同盟関係と自国の同盟関係を問わず、1対1の合戦を起こせる。
  • 追い打ち
    合戦に勝利した場合、勝利時に追加で領土を1つ奪う。
    追加で奪う領土は外郭からランダムで選ばれる(外郭がない場合は中核も対象となる。本城は不可)。
  • 悪評
    使用すると対象国の次週に使用する際の策謀値が倍になる。
  • 反攻
    合戦開始から1時間経過するごとに、合戦場の自国のNPCとPCの生命力、 攻撃力、防御力が10%上昇する。同盟国には半分の効果を与える。最大で30%まで。

ページの先頭へ戻る

もののふ事始め
乱世への雄飛
信Onリファレンス
FAQ
更新履歴