各種チケットの説明

各種チケットについてご説明いたします。
プレイチケット 1,200円 +税 ゲームの継続に必要となります。ご購入いただきますとアカウントの有効期限(プレイ期間)が30日間延長されます。特典として「信長コイン」(無料分)が100枚付与されます。
※本チケットを適用される場合は、残りプレイ期間が29日以内である必要があります。
90日間プレイチケット 3,500円 +税 ご購入いただきますとアカウントの有効期限(プレイ期間)が90日間延長されることに加え、「信長コイン」(無料分)600枚のほか、数々の特典を受けられます。特典の詳細はこちらをご確認ください。
※本チケットを適用される場合は、残りプレイ期間が29日以内である必要があります。
始めから拡張パックフルセット! 「最初から思いっきり遊びたい」という方に。

スターターチケット
5,100円 +税 体験版アカウントまたは、ネットカフェアカウントを『勇士の章』製品版アカウントへと移行させるチケットです。最新拡張パックまでの全要素を体験できます。
180日間のプレイ期間も含まれています(無料体験期間の残り日数分が、プレイ期間に加算されます)。
初期費用はプレイ料金だけ!「まずは製品版がどんなものか体験してみたい」という方に。

スターターチケットLite
1,200円 +税 体験版アカウントをオリジナル製品版アカウントへと移行させるチケットです。『信長の野望 Online』の基本要素を遊べます。
30日間のプレイ期間も含まれています(無料体験期間の残り日数分が、プレイ期間に加算されます)。
※本チケットを適用後、最新拡張パックのご利用を希望される場合は、「アップグレードチケット」をご購入ください(一部パッケージ商品を利用されても、最新拡張パックにアップグレードできます)。
アップグレードチケット 2,800円 +税 『勇士の章』を除く製品版アカウントを最新の拡張パック『勇士の章』へとアップグレードさせるチケットです。
【体験版アカウントのキャラクターデータ保存期間について】
体験版アカウント、およびそのキャラクターデータ保存期間は、最後にログアウトされた日から30日間です。
※上記期間経過以降のデータ保存は一切保証しておりません。

【製品版アカウントの機能の違いについて】
各アカウントにて遊べる要素が異なります。詳細はこちらをご確認ください。
>> アカウントごとのゲーム仕様について

オプションサービス用チケット一覧

@モバイル+@Web
(30日間)
300円 +税 @モバイル+@Webの利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
キャラクタースロット
(30日間)
300円 +税 キャラクタースロット追加サービスの利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
アカウント共有倉庫
伊勢屋
(30日間)
300円 +税 アカウント共有倉庫(伊勢屋)の利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
アカウント共有倉庫
近江屋
(30日間)
300円 +税 アカウント共有倉庫(近江屋)の利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
アカウント共有倉庫
大和屋
(30日間)
300円 +税 アカウント共有倉庫(大和屋)の利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
軍団・家臣共有
(30日間)
300円 +税 軍団・家臣共有の利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
アイテム所持数拡張
(30日間)
300円 +税 アイテム所持数拡張の利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
技能覚醒枠拡張
(30日間)
500円 +税 技能覚醒枠拡張の利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
どこでも倉庫
(30日間)
500円 +税 どこでも倉庫の利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
どこでも早馬
(30日間)
300円 +税 どこでも早馬の利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
キャラクター
移動速度上昇
(30日間)
300円 +税 キャラクター移動速度上昇の利用期間を30日間延長できます。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
※「アカウント共有倉庫 伊勢屋」と「アカウント共有倉庫 近江屋」、「アカウント共有倉庫 大和屋」に機能の違いはありません。詳細はこちらの案内ページをご確認ください。
※オプションサービスは、ゲーム内から「信長コイン」で購入することもできます。
※GAMECITYで購入できるオプションサービスと、「信長コイン」で購入できるオプションサービスは内容は同じですが、有効期限が別々に扱われます