CV:皆川純子
刻人(ときびと)により「人間狩り」を行うように仕向けられ、記憶や罪悪感などの感情が奪われた少女。
育ての母・ヨカルの言葉に従い人間の魂を捧げることを役目としており、それ以外のことには一切の関心を持たない。