新要素「活性化アイテム」で調合効果アップ!

活性化アイテムとは、1回の調合の中で一度だけ任意の
タイミングで投入できる特別なアイテムのこと。
活性化アイテムを投入すると、すでに材料を配置して
色がついているマスの色をそれぞれ違う色に
変えられたり、
選択したマスと隣接する同じ色の
マスをすべて同じ色に変化させるなど、
その効果は活性化アイテムごとに様々です。

STEP1触媒を入れてボーナスを獲得!

作るアイテムを決め、投入する材料を選択。
触媒となる材料を先に投入すると、
ボーナス効果を持つ特別なマスが出現する。

STEP2パネルに材料をはめてみよう!

材料をパネルにはめるように投入。
触媒によって現れるボーナスのマスを埋めることで、
さまざまな効果が出現!

STEP3活性化アイテムを使ってみよう!

調合中はいつでも「活性化アイテム」を使用でき、
アイテムの効果や特性に大きな変化を与える!

STEP4最後は特性を選ぼう!

すべてを選択するとアイテムが完成!
特性がある場合、引き継ぐ特性を選択して調合完了。

上手な調合でより良いアイテム作り!

パネルに材料をはめていく、パズルのような本作の調合システム。材料をはめていく過程で、
触媒や活性化アイテムなど、調合に新たな効果を加えるアイテムを投入することで、
より役立つ良いアイテムが調合できることも!

触媒ボーナスをうまく使おう

調合の際に触媒と呼ばれるアイテムを投入することで、パネルの数が変化したり、特別な効果を持つ
触媒ボーナスマークをパネル上に発現させることができます。
触媒ボーナスマークはそのマスに材料を置くだけで効果が発生し、触媒によって触媒ボーナスマークの配置や効果はさまざま!
調合するアイテムと触媒をうまく組み合わせて、より良いアイテム調合を目指しましょう!

ボーナスの主な種類は、品質の増加、特性引継ぎ数の増加、
効果レベル(材料選択などの際、画面右に表示される効果のバー)
の増減、作成個数の増加など。調合するアイテムの用途によって、
ベストな触媒を選ぶことが重要です!

調合するアイテムによっては材料が持っている
特性を引き継げることがあります。
触媒で特性引継ぎ数アップなどと組み合わせれば、
より良いアイテムが作成できるかも!?

活性化アイテムの効果を活用

活性化アイテムにはいくつか種類があり、それぞれ異なる効果を持っています。
使うだけですべてのマスに影響するものもあれば、変化する色が決まっている活性化アイテムもあるため、
材料の置き方活性化アイテムを使うタイミングも重要となります。ここでは活性化アイテムの一部について、
同じ材料、同じ配置でそれぞれの活性化アイテムを使用したときの効果を大検証します!

活性化アイテムを使用しなかった場合。
色がばらばらで、効果レベルに関係のない色も見られます。

チェンジ

チェンジの効果を持った活性化アイテムを使用すると、すでに材料が置かれ、色のついたすべてのマス色がそれぞれ別の色に変わります。

隣接塗り替え

すでに材料が置かれた色のついたマスに活性化アイテムを使用すると、置いたマスと隣接している同色のマスも合わせて同じ色になります。変化する色は活性化アイテムによって異なります。

挟みこみ

すでに材料が置かれた色のついたマスに活性化アイテムを使用すると、そのマスから縦横ナナメの直線状にあるマスの色が変化します。変化する色は活性化アイテムによって異なります。

全塗り替え

すでに材料が置かれた色のついたマスに活性化アイテムを使用すると、そのマスと同じ色のマスがすべて変わります。変化する色は活性化アイテムによって異なります。

NEXT