冒険の舞台

冒険の舞台

STAGE.1

ハイラル平原

ハイラル城の周囲に広がる自然豊かな平原。
ハイラル王国を象徴するかのように川は澄み渡り、穏やかに草花がそよぐ草原であったが、現在は魔物の侵攻を受けている。
各地に点在する砦はハイラル城と王国の平和を守るためのものである。

STAGE.2

オルディン火山

絶えず火の粉が舞う活火山内部の洞窟。
行き場を失った溶岩が壁面から噴出し、自然が作り出した灼熱の海が行く手を遮る。
岩窟の奥からは良質な鉱石が取れるため、採掘が盛んに行われている。

STAGE.3

フィローネの森

神秘的なまでに背の高い巨木が生い茂る森林地帯。
複雑に絡み合った大樹の枝は、はるか上空にあらたな大地を作り出し、人々はそこに空中集落を作り、森と生活をともにしている。
この空中の大地には、絶え間なく天空から流れ続ける雨水の滝や、大樹に宿る大キノコの上を歩く道、
人々を風雨から守る洞窟のような木のウロなど、地上にはない不思議な風景が広がっている。
森の中心にある“デクの樹サマ”と呼ばれる一際大きい樹は、フィローネの森の守り神としてたたえられている。

STAGE.4

ラネール渓谷

切り立った断崖の上に広がる荒地。
渓谷の北端にある遺跡に近づくほど、植物や地形がまがまがしい様相を呈しているのは、
遺跡に住む何者かが発している強大な悪しき魔力によるものである。

STAGE.5

魔獣島

「風のタクト編」で登場する不気味な雰囲気が漂う島。
島は上から見ると正五角形になっており、つねに闇に覆われている。

STAGE.6

風と大地の神殿

風の神殿と大地の神殿が、異変によってひとつに融合してしまった姿。
砦には何かをかたどった紋章が刻まれている……。