ログインプロフィール登録
表示方法:
新規投稿
信長の野望 Online 掲示板 >> フォーラム >> 勢力 123 次> 最新>>
群雄 足利 / 裕 / BESZJZ8V9R72
-No. 385 ( 2005年 8月14日 20:11:21 )
群雄伝足利家
掲示板が新しくなったみたいなので、新スレ立てておきます。
8月14日の会議で決定したことは

友好 斎藤家斎藤
侵攻 北条家北条
でお願いします。

告知:8月21日(日曜日)に同盟国の伊賀忍が伊賀郷の寺前の広場にて市を行います。ぜひ、みなさんも参加してください。

返答する
家老様に物申す パート3 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 493 ( 2005年 8月17日 15:35:52 )
こんにちは。「家老様に物申す」の時間がやってまいりました嘲笑

さて、前回の合戦においては、敵の猛攻をうけながらも全敗を免れ、皆よく頑張ったと思う。
しかし負けは負けだ。
負けた者に頑張ったも、クソもない。
負け続ければやがて滅亡するのが下克上の掟である。
負けた理由をよく考え、じゃあどすれば勝てるのか、
よく考え、なにか前回とチガッタ事を合戦でやってみるとか、「創意工夫」が必要だと思う。
それとあとは次の合戦まで、各自、課題をもうけてスキルアップを図ることも大切だと思う。
なんでもよいのでなにかしら目標みたいのを設定する。強ボスと戦ってスキルUPを狙うもよし。レベル上げして基本ステータスを上げるのもよし、修得上げ、特化技能の取得、
よい武器防具を揃える等々、課題を設けてその成長したすべてを雑賀にぶつけるのだ怒る

「人間は成長する葦である」 という言葉を、ちょっとは耳にしているとは思うが、
まさにそういう事なのかもれぬ困惑

努力を惜しむ人間は成長しない。成長しなければとてもじゃないが勝てる相手ではない。
「がんばったね」という言葉は今の足利には一切不要。なぜならそこで満足してしまえば成長がストップするからだ。
その言葉は勝利したときまで残しておきたいものですなぁ

嘲笑嘲笑

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
定例会議報告と次回会議のお知らせ / こま / R65PBCH8R1KA
-No. 668 ( 2005年 8月21日 03:30:25 )
8月20日(土)足利家定例会議の報告です。



◆今週の献策


 侵攻 > 北条家 北条
 友好 > 斎藤家 斎藤
 国力 > 山城





◆伊賀忍家伊賀忍開催の市について

   開催日 :8月21日(日)
   時間  :19時~22時
   場所  :伊賀郷寺前の広場
   内容  :市と競り

   ※競りについては、当日の競り品も受け付けるそうです。
   ※市の運営に協力して頂ける方がいましたら、委員へ対話をお願いします。内容は宣伝と強行です。


振興掲示板にも目を通しておいてください<(_ _)>  (http://sun.iruka.ne.jp/a2/iruka.cgi?ashikaga)


次回会議は天王山後になります。
合戦中は会議を開催しませんので献策だけお願いします。


次回会議は

日時:9月3日(土)
場所:二条城

予定は

●今週の献策方針の決定
  ★献策は会議後にお願いします

●合戦の反省会(フリートーク形式)

予定変更の可能性もございます。
スムーズに会議進行するよう、他に議題等ありましたら、なるべく事前にお知らせいただきますようご協力お願い致します。

皆様お誘い合わせの上ご参加下さい。

返答する
Re: 家老様に物申す パート4 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1249 ( 2005年 9月1日 06:36:32 )
今回、合戦場のマップは「宇治合戦場」というマップでした。まぁ、まずこれに目を通してくれ。
http://www10.plala.or.jp/uzumi/nol/index.html
このマップでは上が雑賀側と表示されているが、実際は上側が足利側で、雑賀側のほうが足利側と置き換えて考えてください。
まず特徴として

  • 陣と陣の間隔が短く、敵側に向かってポッカリと口をあけた形状が多いため、守りにくい
  • 掲示板、門前の位置が左に偏っており、その前に左側の陣が集中している。
  • 左側の陣を制圧すれば門前封鎖可能。特に足利側では左先、左中を取られるだけで制圧されやすく、やや不利な地形である
  • この地形は「難攻不落」とは逆の「攻め易く落ちやすい」マップである。守りにはいればドツボにはまる。

といった特徴があると思う。
つまり守りに入れば守りきれないために攻め込まれてしまうような性質がある。
そして雑賀側の攻め方を観察、分析すると、開幕は中川陣(左先)から攻撃を始める癖があった。
本来、このマップをよく見ると、雑賀側の門から近い、大館陣(右先)から攻撃を始めるのが適切だとは思うのだが、
なぜ中川陣から攻撃を始めたのか?考えてみた。
まずは陣の形状だと思う。大館陣はそのまままっすぐいくとどうしても片側に振ってサイドから侵入しなくてはならず
取り付きをしくじる可能性もある、それでまっすぐ口をあけている形状の中川陣から攻撃を始めたのでは?と思われる。
それともう一つは門前封鎖を早期の段階で狙っていたのだと思われる。左側の陣を抑えれば
門前封鎖が完成するため、左列、門前を掌握したのち、各陣を一気に攻撃すると考えて
いたのかもしれない。
そのために先に中川を抑えておきたかったという意図を感じ取れた。

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
Re: 家老様に物申す パート / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1250 ( 2005年 9月1日 07:05:37 )
ではなぜ0勝18敗、これほどまで大敗してしまったのか?解説しよう。
まず先ほど申したとおり非常に守り難い陣があつまったマップである事。敵側にむかってぽっかり口を開き、障害物なく見通しもよく取り付かれやすいマップである。
特に足利の防衛はたたでさえ取り付かれてしまう事が多いのにこのマップで完璧に
防衛というのは無理がある。
つまりどんどん攻めて、敵陣を奪ったり、門前封鎖を行う事こそ防衛だと思うのだが、
残念ながら足利では攻めの気持ち、攻撃しようという気持ちがほとんど見受けられなかった。
30人以上いるにもかかわらず1徒党しか作らなかったり40人近くいても徒党0という状況もあった
ただ敵の攻撃を待ち、受身にまわっていては到底勝ち目はない。攻撃をおろそかにしてしまっていては
敵側戦果300、600、1000、1300、、と刻々と突き放されていくのに足利側戦果0、0、0、0・・・戦果0が続く。
つまり防衛、負けないためには攻めるしかない。とくに4000以上突き放されてきたら
全員攻撃、捨て身の攻撃をするしかない。突き放されずに喰らいついていかなくてはならない。
そうしなければ大損害を与えられ陣の敗退が決まる。
「ならば自分で徒党を編成しなさいねw」と言われる方もいるやもしれません。

もちろん努力はした。
とりあえず「鍛冶屋、薬師、神主、知力忍法忍、変更可能」というメッセージを出し、勧誘希望を出したり、
自ら党首となり、ニ垢でまず徒党を作り、その後薬師様に対話をいれましたが
薬師5人連続お断りされたぞ
困惑
内訳は、「これでそろそろ落ちるので」という理由が2名。まぁ これはしょうがないとして
「防衛したいから」という理由が2名。ですので戦果を敵に与えてしまったらどこかで
戦果を稼いで喰らいついていかなくてはならないのに敵の攻撃をまってるだけの防衛では防衛に意味を感じない。
それとあと1名「無理w」と答えた薬師がいました。無理ってなんだよ?無理って泣く

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
家老様に物申す パート6 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1254 ( 2005年 9月1日 07:50:15 )
ただ戦術について、あーだこーだよーだいっても芸がないので漫画で戦術を学んでいきたいと思う。
「あしたのジョー」という漫画はご存知だろうか?アニメや映画化もされたり、
その中のキャラクター「力石徹」が死んだときには本当にファンで葬式をおこなったり等々話題の漫画だった。
その中のセリフを用いたいと思う。
ボクシングの防御の基本とは?という問いかけに対して主人公である、矢吹丈は、こう答えた。
「俺に防御なんて必要ねえ。打って打って打ちまくる。つまり攻撃こそ最大の防御なり」
うむ。
さすがだ。
攻撃をおろそかにしてしまってる足利にとって必要な言葉だと思う。
逆に雑賀側は非常に攻撃的な布陣で攻めてくる。陣を奪ったら前線をその陣まで押し上げたり等々。
足利って前線を奪ってもそれでも引いてしまっている。しかも武将が涌いたらまた攻撃されて返されて、
いったい何のために囮を大量につかってまで奪ったのか?その意図も作戦もまったく感じられません。

よく雑賀側は人数が多いから・・・と理由にしているのを耳にする。
しかし実情はそんな事はな~~~い。
2倍差、3倍差ならまぁ、わからないでもないし、実際に3倍差ついている時間帯もあった。
けれども1,5倍差、1,2倍差という、比較的均衡した時間帯もあった。
ではなぜ2倍差、3倍差あるように感じるのか?それは雑賀側が前線からプレスをかけ
対人も積極的に行ってくるために、多いように感じるだけなのである。
敵の作戦、まやかしに まんまとヤラれてしまって意気消沈しているのがいつもの足利である。
雑賀側の弱点としては前線でプレスをかけてくるため、後方が手薄になっている傾向があるのでねらい目ではあるが、肝心の攻撃手がいない。

とりあえず負けた理由を今回も人数のせいにしたりとか、宇治合戦場のマップにしている
者がいるが、
○○のせいとか、責任を転嫁させる前に、どうしたら雑賀衆相手に勝利できるのか?
それを模索し、その作戦を計画しプランを実行する必要があるのではないでしょうか?
ただね・・・

家老様さえも勝てると思っていない、気迫もない
なのは問題ですな

本来将軍足利家を守る武門集団がすでに武門でなく、たんなる町人に成り下がってしまったのかもなスマイル

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
定例会議報告と次回会議のお知らせ / こま / R65PBCH8R1KA
-No. 1348 ( 2005年 9月5日 00:48:33 )
9月3日(土)足利家定例会議の報告です。



◆今週の献策


 侵攻 > 北条家 北条
 友好 > 斎藤家 斎藤
 国力 > 山城





◆滅亡回避策について(緊急)

 前回の合戦にて全敗したことにより国力が厳しい状態となった為、急遽意見や案を募りました。
 1.合戦の参加者が少ない
   合戦の参加者を増やす為の具体案を次回の会議で話し合うことになりました。
   次回会議までに、案のご検討をお願い致します。
 2.三好復興戦について
   案に出して話し合うべきではないということになりました。
   従来通り、足利家として三好家の軍資金を上げることは推奨しない。ということになります。
 3.伊賀忍家の会議に使者を送り、正式に援軍要請をお願いする
   9月11日(日)に行われる伊賀忍家の会議へ委員から使者を送ることになりました。


振興掲示板にも目を通しておいてください<(_ _)>  (http://sun.iruka.ne.jp/a2/iruka.cgi?ashikaga)


次回会議は

日時:9月10日(土)
場所:二条城

予定は

●今週の献策方針の決定
  ★献策は会議後にお願いします

予定変更の可能性もございます。
スムーズに会議進行するよう、他に議題等ありましたら、なるべく事前にお知らせいただきますようご協力お願い致します。

皆様お誘い合わせの上ご参加下さい。

返答する
家老様に物申す パート7 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1356 ( 2005年 9月5日 05:27:31 )
滅亡回避策について、人数が少ないから参戦数を増やす程度しか案がないとしたならば
正直滅亡回避は難しいと思う。もっと考えれば案があるはずだ質問
滅亡回避を望むというならば、まず、その散策自体、どうかんがえてもおかしい。まずは
前回の宇治合戦場を見ながら解説しよう。まぁ これを見てくれ。
http://www10.plala.or.jp/uzumi/nol/index.html
前回、防衛側だったので実際には雑賀側が足利側だった。そしてこの地形は防衛側に
やや不利な地形と思われる。門前封鎖をしやすく、封鎖をされて一気に攻められてしまえば、もはやこれまで。の地形である。
つまり防衛側にまわったがために不利な戦場で戦う事になり、さらにいえば国力大幅減少も招く。
逆に攻撃側にまわれば、有利な地形にて戦える可能性もある。そしてなによりも

全陣取り戦のうち、たった1分さえすれば国力減少を最小限に抑えられる
という事である。
事実として過去の例を申すと、雑賀衆との開戦当時なのだが、その頃は足利側の勝利が続いた。
しかしながらその勝利はすべて防衛側にまわった上での勝利であり、雑賀側は合戦では勝てなかったが、攻撃側をとり、常に1分はキープしていた。

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1357 ( 2005年 9月5日 05:30:16 )
つまり肝要なのは
なんとしてでも散策にて攻撃側をもぎとる
事であり、有利な地形にて、全陣獲り戦のうち、1分をもぎ取り、足利家が得意とする、
平常時においての国力回復力を発揮し、国力を最大限近くまで回復させ、
どんなに戦っても滅ぼす事が出来ない雑賀衆を精神的に追い込み、衰退したところを
全軍でもって たたき、滅亡に追い込む事が必要だと思う。

侵攻 >  雑賀衆



というのが本来、とるべき散策であり、物の道理だと思う。いまさら北条に敵対にいれてなんとするのか?
無駄な散策であり、間違っている出鱈目な散策には従いません。よって5キャラ散策票投票可能なキャラすべて雑賀衆に侵攻投票させていだだきます。
もしこれを見ている滅亡回避を真摯に願う思慮深き方は、議決であろうとも従う必要は
ございません。
無駄な北条への侵攻票を雑賀衆にまわそうではないか。




(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / こま / R65PBCH8R1KA
-No. 1419 ( 2005年 9月7日 01:34:57 )
個人的に言いますと
現在雑賀ではなく、北条へ敵対票を入れている理由として、
1.引き分けが多く取れるようになってきた為、このまま防衛を続ければ大丈夫
2.攻めを取った場合カウンターをくらい、一気に滅亡の恐れがある
3.斎藤家と敵対にならないようにするため
 
というものだったと思っています。
これは委員が考え決めたことではなく、足利家の皆さんの意見から決まったことです。
また、決を採り決定したということは、この意見に対して納得していた方が多かった為だと思います。
 
現在、伊賀忍家に援軍を要請し、合戦の参加者をなんとかして増やし、防衛で引き分けを取れるようにする。
という方向になっていますが、この状態で雑賀へ攻めを取った場合、こちらに援軍はなく、雑賀側に援軍が来ることになり引き分けを取ることがさらに困難になってしまします。
引き分けが多く取れていた当時ですらカウンターを懸念し雑賀へ侵攻、という決定にならなかったのに、現状で雑賀へ侵攻を入れようという人はあまりいないと思われます。
 
個人のすることに制限をかけることはしませんが、一部の人が議決と違う献策を行っても雑賀へ攻めを取れるわけではなく、これもまた無駄となってしまいます。
 
道理とするならば、会議で皆を納得させ、外交方針を変えてからにして頂きたいと思います。
 
国が決めたことではなく、足利家の皆さんが決めたこと、と思ってもらったほうがいいと思います。
それに従わない、ということは国に従わないというよりも、足利家の皆さんの意見に従わない、ということになると思いますのでこのように扇動しても賛同者は少ないと思います。
 
雑賀へ攻めを取ることが望ましいと考える場合、次回会議にて、足利家の献策で100%近い侵攻票を得る為の案と攻めを取り確実に引き分けを取るための案をご提示願えますでしょうか?

返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / こま / R65PBCH8R1KA
-No. 1420 ( 2005年 9月7日 01:35:30 )
それを肯定、否定するのは委員ではなく、足利家の皆様であることを念頭に置いてください。
 
皆さんは地形よりも、人数差が厳しいと思っているようです。まずこれをくつがえさないと納得してもらえないと思います。
 
最後に、祇園さんの書いたメッセージを残しておくのは危険であると思っています。
例えば、今後の会議でもしも侵攻雑賀という議決が行われた場合、祇園さんの書いたメッセージを読み雑賀への侵攻に納得しない人がいた場合、どうなるでしょうか?
納得いかない場合は議決に反したことをしてもいい。という判断をされてしまえば雑賀へ侵攻を入れない人が出てくる恐れがありますよね?
 
全員が全く同じ意見を持つということはあり得ないので、皆で決めたことは反対であっても常日頃からなるべく従う習慣が必要だと思っています。
そうしなければ、票を集めることはどんどん困難になってしまいます。
そういったことをわかって、納得していなくても議決に従っている人もいるかと思います。
その辺のことを何卒ご理解頂き、上記のメッセージは削除し自分の意見のみにして頂けないでしょうか?
 
もし削除して頂けたならば、このメッセージも削除致します。

返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / 名もなきもの / J1ZFUDDF4TS5
-No. 1421 ( 2005年 9月7日 04:16:45 )
祇園さんへ

現時点では雑賀に侵攻入れるほうが無駄だと思われます
もともと足利は雑賀に侵攻入れる政策とっていましたが、90%越える票集めるの無理でした
 また、友好雑賀にしても、90%越えるのは無理でした、なぜなら、毎回、会議の献策と
逆の票を入れる人が10%以上いるからです、あきらかに雑賀系の人がいるのが事実だからです、そうでない人もいるとは思いますが^^;
 雑賀侵攻入れた場合、現在斉藤は、足利と織田に侵攻を半々に入れているために北条との敵対がはずれ、斉藤と敵視、敵対になってくと思われ、攻めはとれないし、たんに不便になるだけだと思われます
 守備側で、援軍なしに全敗して、攻撃とって引き分け取れるか、かなり疑問です^^;
 
 個人的には同盟国探してはと思ってます
 新外交パッチあたったら、滅亡国の献策も反映されるらしいので、朝倉と三好の同盟も解消されると思います、そうなると、朝倉家は織田家と伊賀家が同盟国となり、前期長のとき、織田との同盟を破棄して、足利との同盟を考えてもいいみたいな事、聞いた覚えがあるのでどうかなと思います

返答する
家老様に物申す パート8 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1449 ( 2005年 9月7日 16:26:52 )
まず勝てない理由を「人数のせい」にしている足利PCが多いことには非常に残念だ。
まるで子供の理論である。
宇治合戦において調査したところたしかに3倍差の人数がついてしまったときもあった。
しかし逆に人数差が均衡している時間帯もあり、一概に人数の差のせいにるすには問題がある。
さらにいえば足利家内の、戦う姿勢に疑問点が残る。30人~40人いて武将徒党が1。
酷いときにはそれだけいても徒党0という事もあった。
つまり本来であれば敵側戦果300、600、1200、、と刻々と与え続けてしまっている情況では、その戦果に喰らいついていくべきであり、さらにいえばNPC狩りで喰らいついて
行くことも出来たはずなのにそれをやっていない。

つまり仮に伊賀の援軍大量参加し、朝倉の同盟も得たとしよう。本隊がこのような無様な
戦い方をすれば必ずや不平不満が生じ、徳川家の二の舞になるだろう。
たとえ人数が増えたとしても徒党が0とか1とかの状況が続けば戦況はかわらない。
>伊賀忍家に援軍を要請し、合戦の参加者をなんとかして増やし、防衛で引き分けを取れるようにする。
なにか勘違いしていないか?
なぜ足利は勝とうとしないのか?そういう意識をもたないのか?防衛でまず勝利を取る。が本来の道理だろう?
そのような弱気な姿勢では伊賀家の賛同も得られぬぞ。
伊賀家が参加してくれるなら、必ずや勝利することができる。という信念をもたなければ
ならないと思う。

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1452 ( 2005年 9月7日 16:44:26 )
それと足利の皆様が決めた事といっているが嘘をつくな
たった参加人数20数名足らずの議会とやらがきめたことが決めた事を皆が決めた事
と申すのならば笑止千万。
まずその議会とやらが機能していないのでお話しにならない。
そのような者達が勝手に決めた議決など賛同し得ない。
良識ある、足利民にとってもそれらの議決をおしつけられてばえらい迷惑な話である。
よってこのような出鱈目な議決に踊らされてはならいので良識ある足利民の各々方は
侵攻=雑賀衆雑賀衆
でお願いしまする。
それとだ、

>祇園さんへ

>現時点では雑賀に侵攻入れるほうが無駄だと思われます
>もともと足利は雑賀に侵攻入れる政策とっていましたが、90%越える票集めるの無>理でした

散策をいれる前から、やりもしない前から決め付ける気か?無理なのはやる気がないからである。

じゃあ、仮にだ、防衛を取り続けるとしよう。じゃあいつ勝つのかね?ずっと延々と負けつづけの防衛を取る気なのか?
今の足利には武人や相手を地獄の底まで追い詰めるような猛者はいませんなぁ。
どいつもこいつも意気地なしのヘタレばかりだww

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / 裕 / BESZJZ8V9R72
-No. 1454 ( 2005年 9月7日 17:02:04 )
足利家足利家足利家足利家足利家足利家足利家足利家
と。。。とりあえず会議に来てください。
20人くらいなのは会議の最初くらいです。中盤くらいからは50人~60人くらいに増えてますよ。
とにかく会議に来てくださいね爆笑ウインクキス
足利家足利家足利家足利家足利家足利家足利家足利家

返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / たかすー / X4URKZ1TABRT
-No. 1458 ( 2005年 9月7日 17:23:26 )
裕さんに激しく同意!
  
こちらの掲示板に書き込むのも結構ですが、祇園さん本人が会議の方にいらして、
直接発言して頂ける事を望みます。
 
足利家マーク付けてる方も是非とも会議の方に出席して頂きたいと思います。
 
献策で票が割れるのは現在の足利家の状況を考えると辛いと思いますので、、
 
 
会議日時
毎週土曜日21時~ 山城左京二条城中庭にて。
 
メンテまだぁ~困惑

返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1512 ( 2005年 9月8日 20:37:31 )
> 裕さんに激しく同意!
>   
> こちらの掲示板に書き込むのも結構ですが、祇園さん本人が会議の方にいらして、
> 直接発言して頂ける事を望みます。

うむ。それは拒否させていただきます。なぜならまずリアルで土曜の夜というのは
非番でなく勤務指定日にあたる場合が多く参加できないという事と、
たとえ非番の日であっても「機能していない議会、議決」では参加するだけ時間の無駄という事を理解したからである。
機能していない議会、議決とは?なぜそう思うのか説明しよう。
単なる仲良しグループの座談会にすぎない
群雄足利家にはいくつかのグループが存在する。それらのグループが一同に会し、話合うのは良い機会かもしれない。
だが、あくまで座談会にすぎず、軍議とは程遠いものである。

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1514 ( 2005年 9月8日 20:39:45 )
合戦等の反省がまったくと言っていい程いかされていない
合戦時の反省会をする事は良いと思う。だが反省会とはそれを修正し、改善するために行うものであるのだが
その改善点が修正される気配すらない。
外部の者にコントロールされた議会である
名もなきもの / NKQQ2407 の意見に注目していただきたい。その中に
[COLOR=red][毎回、会議の献策と
逆の票を入れる人が10%以上いるからです、あきらかに雑賀系の人がいるのが事実だからです/COLOR]と書いてある。
つまりそれが事実とするならば、20名いるうちの2名以上、さらに50人増えたとしましょう。すると50名いるうちの5名以上が雑賀系の人という可能性もありえる。
そうなるとそれらの方が雑賀に都合のよいような意見を積極的に発言し、足利を骨抜きにしようとする事もありえる。という事である。
過去に自分は(飛竜以前ではあるが)我が陣営の総大将である大殿が討ち取られた事に対する報復として
雑賀衆総大将・雑賀孫一討伐を提案したが、議会にて拒否された。
そして、雑賀衆が足利領内にて屯所兵襲撃を実行しているという件の報復措置として
雑賀郷に全軍を挙げて総攻撃を仕掛ける案を提案したが、これも議会により拒否された
「雑賀の方を刺激しないように、穏便に・・」というのが理由らしいのだが、
雑賀寄りの者に骨抜きにしようとする、議会をコントロールされているという証拠である。

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1527 ( 2005年 9月9日 06:23:12 )
負けても滅びないという自信があるから勝とうとしない議会である
どんなに叱咤しても勝たなくてもいい、防衛側でもかまわないと思っている議会である。
なぜ足利議会では防衛でもかまわないと思っているのか?説明しよう。
それは本音とタテマエという存在がある。
まずタテマエとしては
「雑賀さんは防衛がうまいから・・」「雑賀は人数が多すぎて、ちょっとでも前でたらマゲッツされるし・・・」
「祗園さんの言っていることはわかるんですが無理ですよ・・」
等々。相手の戦術を高く評価し、足利家としては厳しいという事をタテマエや表では足利議会は主張している。
しかし、本音はまったく違う。足利議会の本音では
「は?なんでいまさら攻撃とるんだよアフォ。そんなめんどくせー事する必要ねぇんだよ。
三好の軍資金ためて復興戦おこせりゃいくらでも滅亡回避できるじゃねーか。藤二氏ね。うぜぇ」
というのが足利議会の本音である。

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
Re: 家老様に物申す パート7 / 祗園藤ニ / 4PKJTDN3XC4E
-No. 1528 ( 2005年 9月9日 06:42:32 )
つまり、どんなに厳しい状況下でも最終的には三好家を防衛の道具として
利用できるから、真面目に戦う必要がないとうのが
本音である。
実際に最近、三好家の軍資金が物凄い勢いで貯められているのが動かぬ証拠である。
勝利を信じて合戦で戦っている真面目な足利民はこれでは浮かばれないだろう。
そのような腐った議会に参加する必要などどこにあろうか?
滅亡しなけりゃいいとう問題でもなかろう?
真面目に勝利を信じて戦っている足利PCは浮かばれないしだろうなぁ~


逆にいえばそのような、滅亡しない「ハメ技」が存在しているゲームをクソゲームとよぶ。
肥や松Pの能力の低さにはあいかわらず笑える。俺のほうがマトモなゲームが作れそうだww

(,,゚Д゚)<アミーゴ アディオス
返答する
[ 1 / 7 ] 123 次> 最新>>