拡張パック「La Frontera」(ラ・フロンテーラ)でますます広がる『大航海時代 Online』の世界。いよいよ12月6日には、Chapter2「Angkor」が登場します。そこで、今回から数回に分けて、Chapter2「Angkor」のアップデート情報を公開していきます。 まずは、新海域・東南アジアの風景、アパルタメントの機能拡張、定期船の新航路について、ご紹介しましょう。
新海域として東南アジア海域が実装され、“アンコール遺跡”などの未知の遺跡、東南アジアならではの水上家屋が並んだ街が登場。新たな発見物や交易品も多数登場します。今回は新しく実装される遺跡からアンコール遺跡、街からジャカルタを紹介します。
アンコール遺跡
西欧では十字軍の全盛期であった12世紀前半に、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世が創建したのが“アンコールワット”。創建当初は、ヒンドゥー教の神ヴィシュヌ神を祀っていたが、後に仏教寺院として作り変えられた。また、ジャヤヴァルマン7世によって建てられた“アンコール・トム”も有名である。

ジャカルタ
ジャワ島北西岸に位置する港町。現代ではインドネシア共和国の首都として有名。元々はスンダ人という先住民族が暮らす小規模な集落で“スンダ・クラパ”と呼ばれていた。
自分が所有しているアパルタメントを改装できるようになります。
改装プランによっては、部屋のインテリア様式や各種アイテムの収納数を変更可能です。改装が完了すると、プレイヤーが生産した家具を選んで室内に配置できるようになるため、さらに収納力を増やすことができます。

執事を雇い直したり、マネキンの体型を変更することも可能です。
マネキンは、アイテムとして入手し、交換することで、性別や体型を変えられます。また、執事の候補は、専用のクエストを達成することにより増えていきます。


新たにサントドミンゴ〜リオデジャネイロ間航路が開通。従来航路のダイヤも変更され、1日1本だった便が、平日は昼、夜の2本、土日は昼、夕、夜の3本となります。