世界の海には、無数の無人島が点在しています。
その中には農業や鉱業、漁業、畜産業などを行うのに適した島がいくつか存在することがわかっています。そんな無人島の1つを領有し、施設の開発を進めれば、産物が収穫できるようになったり、生産拠点として利用できるようになります。無人島を自分だけの“プライベートファーム”にできるわけです。
プライベートファームを持つことで、これまでの「安く買って、高く売る」&「材料を買って、商品を作る」といった商売のスタイルに、「収穫して、売る」&「収穫して、商品を作る」という新しい手法が加わることになりますね。
プライベートファームの元になる島は無人島ですので、入手といってもお金を出して購入する必要はありません。利用に適した島を見つけて“領有”を宣言すれば、その島はすぐにあなただけのプライベートファームになるのです。 この領有宣言と同時に所属国家への領有申請も行われ、国が申請を許可すると、航海者としてご多忙なあなたに代わってプライベートファームを管理してくれるNPC“管理人”や“技術者”たちが派遣されてきます。
ちなみに「国が申請を許可する」と言いましたが、どのような航海者の方でも申請が却下されることはないみたいですよ。

※プライベートファームを領有するには『大航海時代 Online 〜Cruz del Sur〜』のアカウントが必要です。
プライベートファームで開発できる作地には、農産物を産出する“農地”、鉱物を産出する“鉱脈”、海産物を産出する“漁場”、家畜を産出する“牧場”があります。作地によっては開発可能な施設が数種類あり、その中からどの施設を開発するかによって、採れる産出品が変わります。
さらに島が存在する位置によって、施設を開発しやすい作地が違いますので、自分に合った島を選ぶのがいいですね。ちなみに家畜をこよなく愛する私は、絶対に牧場を作りたいと思っています。
作地の開発は“管理人”に命じて行います。“管理人”への開発命令は、プライベートファームまで行かずとも、世界中の全ての街の銀行から指示できますよ。

さて、開発を実行すると、プライベートファームの“開発度”と“技術度”という数値が上昇します。
“開発度”は施設開発の進行度合いを表し、最大値になると施設が1つ完成します。
“技術度”が上昇すると採れる産物が増えたり、“技術者”が新たなレシピを発明することがあります。

開発を命じられるのは1日に1回だけですので、毎日コツコツと開発を進めていくのが良いでしょうね。こうして施設の開発を進めていくと、その施設に見合った産出品が採れるようになりますよ。
施設を開発する際に、あらかじめ“道具”を補充し、配置しておくと“技術度”が上がりやすくなります。
道具には作地ごとに適した種類があります。農地なら“鎌”、鉱脈なら“ツルハシ”、漁場には“漁網”といった具合ですね。道具が配置された状態で産出が行われると、道具の耐久度が減少し、耐久度が0になるとその道具は無くなってしまいます。
ちなみに道具が配置されていない状態で産物が産出されると、“技術度”が下がってしまうので、注意が必要ですね。道具を補充するときはプライベートファームまで出向く必要がありますよ。
 
産出を重ねた施設は、徐々に土地が痩せ、やがて産出品が採れなくなってしまいます。
そんな時は施設が産出する品を変更するか、いったん更地にして、再度新たな施設を開発する必要があります。なお、産出品の変更は、ある程度、産出回数を重ねた施設でないとできません。
施設を更地にする時、産出品を変更する時、いずれもプライベートファームまで出向いてくださいね。
プライベートファームで採れた産出品は、貯蔵庫から受け取れます。貯蔵庫には15種類の産出品を収められ、1種類につき999個まで貯められます。貯蔵庫がいっぱいになってしまうと産出が行われなくなります。ご注意ください。また、各国本拠地の銀行にて配送料を支払えば、本拠地にいながらにして貯蔵庫の中の産出品を受け取れますよ。
プライベートファームに派遣されてきた数名の“技術者”は、それぞれの担当分野の生産を行えます。ここでの生産は、レシピ帳やプレイヤーの生産スキルは必要ありません。
前に述べたように“技術者”は“技術度”が上昇することで、新しいレシピを発明することがあります。
レシピの中には、大量の生産中間材料を一括で生産できるものもあるらしいですね。
心機一転、新たな土地でやり直したくなったら、今もっているプライベートファームを捨てて、新たな無人島に引っ越すことができます。ただし、プライベートファームを捨ててしまうと、これまでに開発した施設は全て破棄され、貯蔵庫の中の品も無くなってしまいます。
引っ越しは、慎重に検討することをお勧めします。
以上でプライベートファームに関する私の講義は終わりです。

最後に1つだけ…。
航海者として、この世を生きる皆さんであれば、少なからず何らかの夢をお持ちでしょう。激しい戦いに身を投じ、あまたの強敵を討ち果たす夢をお持ちの方。世界を巡り未知の発見を成し遂げる夢をお持ちの方。一生かかっても使いきれないほどの巨万の富を築く夢をお持ちの方……。

ただ、いずれの夢を実現するにも、それなりにお金が掛かります。大きな夢を抱くほど、お金は必要となるでしょう。プライベートファームを開発していけば、これまで購入するしか手がなかったものはもちろん、採集や調達でしか入手できなかったものまで、産出・生産できるようになります。当然、プライベートファームの開発にも元手は掛かりますが、新しい収入源となる可能性を十分に秘めています。是非、商人以外の航海者の方もプライベートファームを有効に活用して、夢を実現するための一助としてください。