今回は、Chapter1「Circumnavigation」で導入される、軍人の新たなる活躍の場“バトルキャンペーン”の概要と、功績をあげた航海者のみが名乗ることが許される新たな“称号”を紹介します。さらに新衣装3点と2隻の新型戦艦、新型大砲の情報をお伝えします。
“バトルキャンペーン”は、1ヶ月のうちの7日間、2国間で特定海域の制海権(海域内に存在する街の影響度)を争う全く新しい形の海戦です。開催期間中は、24時間いつでも世界中のどの街からでも、専用の輸送艦に乗って前線基地となる“作戦本部”に駆け付けられます。また、制海権を争う2国に属さないプレイヤーも、いずれかの陣営の傭兵として“バトルキャンペーン”に参加できます。

戦闘はセッション形式で行なわれます。
まずプレイヤー自身が“作戦立案”という形でセッションを作成し、敵・味方プレイヤーの参戦を募って戦闘を開始します。 作戦立案時には、参戦可能な戦闘レベルや船のクラスを任意に設定できるので、同レベルの人と最大10対10での戦いを楽しめます。
“バトルキャンペーン”は専用の戦場での戦いとなり、海峡や群島、浅瀬といった様々な地形が用意されています。“バトルキャンペーン”に勝利すると、戦績に応じて該当海域に存在する街の影響度が上昇します。
「La Frontera」Chapter3「Spice Islands」で登場した“称号”に、海戦で功績をあげた航海者だけが名乗れる称号など、新たな種類が追加されます。
例えば、航海者養成学校の学生だけが名乗れる「訓練生」や、卒業生に授与される「冒険科修了生」「商業科修了生」「海事科修了生」といった称号があります。
 
これまで海戦の主役となっていた戦列艦や、ガレアスの強化版となる新しい大型戦艦が登場します。
船の戦闘能力を大きく左右する大砲に新しい砲種が登場します。
・ヴォルカン砲
敵船に火災を発生させる“火炎弾”を使用する大砲です。
ヴォルカン=火山、の名前が示す通り、強い破壊力を有しています。

・セラフィム砲
帆や船部品のダメージを与えやすい“鎖弾”を使う強力な大砲です。
この大砲で敵船の性能を低下させれば、戦況を有利に導けるかもしれません。